埼玉県越谷市周辺での相続に関するお問い合せはお気軽に
電話をかける
東武スカイツリーライン 新越谷駅 JR武蔵野線 南越谷駅 徒歩3分 駐車場完備
  • TOP
  • Q&A
  • 相続人の中に、行方不明者がいる...

相続人の中に、行方不明者がいる場合にはどうすればいい?

Question

相続人の中に、行方不明者がいる場合にはどうすればいい?

Answer

遺産分割は相続人全員で行わなければなりません。一人でも欠けていれば、その遺産分割は無効になります。相続人の中に行方不明者がいると、その人は戸籍上相続人になりますので、その人を除外して遺産分割することはできません。かといって、その人の生死が明らかになるまで待つことも現実的ではありません。

このような場合に、遺産分割を行うには二通りの方法があります。①不在者財産管理人を選任する方法と②失踪宣告を得る方法です。

①不在者財産管理人を選任
共同相続人は、利害関係人として行方不明者(不在者)の財産管理人の選任を家庭裁判所に申立てることができます(民法第25条)。
選任された不在者財産管理人は、家庭裁判所の許可を得て(民法第28条)、共同相続人と遺産分割協議をすることになります。

②失踪宣告を得る
共同相続人は、利害関係人として行方不明者(不在者)の失踪宣言を家庭裁判所に求めることができます(民法第30条)。
行方不明者に対して家庭裁判所が失踪宣告をすることで、行方不明者は死亡したものとみなされますので、遺産分割が可能となります。ただし、行方不明者に相続人がいる場合は、その「みなされる」時期如何で、遺産分割に加わるべき相続人の範囲が異なってきますので、注意を要します。
尚、失踪宣告は不在者の生死が「7年間」明らかでないことを要件としますので(民法第30条)、生死不明の状態が7年未満の場合は、失踪宣告の方法をとることができず、不在者財産管理人選任の方法をとるしかありません。

  • TOP
  • Q&A
  • 相続人の中に、行方不明者がいる...
Copyright (C) 2015 Ecclesia Law Office. All Rights Reserved.