埼玉県越谷市周辺での相続に関するお問い合せはお気軽に
電話をかける
東武スカイツリーライン 新越谷駅 JR武蔵野線 南越谷駅 徒歩3分 駐車場完備

遺留分とは

遺留分とは

法定相続人にとって不平等な遺言や生前贈与があった場合に遺産の一部を取り戻すことができる制度のことを言います。その結果、故人が極めて不平等な「遺言」を遺していた場合や多額の財産を特定の人に「生前贈与」した場合、遺留分権利者である法定相続人は、一定の条件の下に一定割合を受け取ることができます。

例えば、故人に妻と子供が一人いた場合、本来妻と子供が財産を半分ずつ相続することになります。ところが遺言で、子供にすべて相続させると書かれていた場合、妻は遺産をまったく相続できません。これでは、妻があまりにも不利益となりますので、妻の最低限の利益を保証するため、遺留分減殺請求権を行使することで、妻は、子供から遺産の一部分を取り戻すことができるのです。付言しますと、遺留分減殺請求をされないためにもこのような遺言は望ましくありません。

弁護士からのコメント

遺留分減殺請求の手続きを取ることで、財産を取り戻すことができる確率は高くなりますが、取り戻し実現には、次の理由から弁護士の力が必要です(遺留分減殺請求をされた場合にも弁護士の力が必要です)。

  1. 遺留分請求には、遺留分算定の対象財産の確定、遺留分割合から遺留分額を確定する作業といった高度な専門知識が必要となります。
  2. 解決までに、莫大な時間と労力がかかります。
  3. 大半のケースが交渉ではまとまらずに、裁判所の調停や裁判手続きを利用しているのが現状です。
  4. 遺留分請求の期限に注意が必要です。
Copyright (C) 2015 Ecclesia Law Office. All Rights Reserved.